読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発本を読み漁って意識を高めてみた

自己啓発本を読んでその感想を書いていきます。

100円のコーラを1000円で売る方法 書評

こんにちは!

 

コーラはコカ・コーラ派のスマイルです。

あっ、でもペプシが出す攻めた商品は好きですよ!きゅうり味とか!あずき味とか!!

でも、企画した人も企画通した人も絶対頭おかしいと思う...。

 

さて、そんなコーラの話題で始まった今回ですが、それもそのはず。

なんと今回読む本は

これ!

f:id:book-week:20161211200152p:plain

100円のコーラを1000円で売る方法 コミック版

 

何を言ってるんだ...。100円のコーラが1000円で売れる訳ないでしょ。

というか、1000円でコーラ売ってたら詐欺じゃん。

そう思いますよね!僕もそう思っています!

そんな気持ちで読んでいきます。

 

 

内容のまとめ

「売れるわ。100円のコーラ1000円で売れるわ。」

冗談ではなく本当にそう思わせてくれる本でした。いや、本当に。

 

では、どのようにして100円のコーラを1000円で売るのか?

その方法を今回は3つにまとめました

 

1.よそでやっていることをしない

これは他社がやっていないことをやることに意味があるということです。

もっと端的に言えば、「他ができることは価値も低い」

例えば、自分がAと商品を取り扱っているとして、それがどこにも真似できないような商品ならその価値は非常に高いものとなります。

しかし、それが簡単に真似できるような商品ならその価値は下がってしまいます。

なぜなら、似たような商品が出回った時に最終的に行きつく先は価格競争です。

そして、互いに価値を下げ続けるうちに商品その商品の価値まで下がってしまいます。

 

2.顧客満足=顧客が感じた価値ー事前期待値

最近は、顧客満足度という言葉をCMなどでよく耳にしますが、これは商品を売るうえで絶対に意識しなければいけないことです。

そして、それを導き出す方式が上記の方程式なのです。

この方程式によると、顧客の要望を満たし、尚且つ、事前に予想していた内容よりもいいものを提供できたときに最も高い顧客満足が得られます。

この最たる例が誕生日のサプライズです。

ちょっと想像してみてください。

パターンA

「誕生日にはこれあげるからね。」

と言われていて当日そのプレゼントを受け取った。

パターンB

「これ欲しいって言ってたよね?」

と当日にサプライズでプレゼントを受け取った。

プレゼントが全く同じものであったとしても、おそらくほとんどの人がパターンBのほうが嬉しいと思うのではないでしょうか?

これは、パターンBのほうが事前期待値が低いからなのです。

 

3.付加価値を付けろ!

これが、この本の中で一番大事なことだと思います。

要は、商品に付加価値を付けることで同じ商品でも価格が跳ね上がるということです。

では、これをタイトルにもなっているコーラで考えるとどうなるか?

コンビニや自動販売機で買えば100円のコーラも1000円で売れる場所は存在します。

それは、どこかって?なんてことはありません。高級ホテルで売りゃいいんです。

実際にリッツカールトンのルームサービスでは、1000円のコーラが提供されているそうです。

しかし、もちろんただの缶のコーラではありません。

飲みやすい温度に冷やされ、ライムと氷がついた最高においしい状態のコーラです。

つまり、リッツカールトンという場所で最高においしいコーラを飲むということに顧客は1000円の価値を見出すわけです。

(最初に詐欺とか言ってごめんなさい。) 

 

 

つまり、この本を一行に要約すると

差別化で商品の価値を上げることができる!

これに尽きると思います。

しかし、これは決して簡単なことではありません。

他社と簡単に差別化できるのであれば、どんな企業も競争相手などいない状態になります。

しかし、現状を見てみると世界中で価格競争が起こっています。

特に、日本は昔から

「お客様は神様」

 という言葉があるように顧客のことを非常に大事にする傾向にあります。

 顧客の要望を聞くことに重点を置きすぎて、商品の価値を下げているのかもしれません。

 

 

個人的な感想

漫画でとっても読みやすかったです。

活字バージョンもあるのですが、僕は圧倒的にこっちがオススメです。

7つの習慣もそうでしたが、漫画のほうが頭に入ってくる感じがします。

(実際に、amazonのレビューにもそういった声が多かったので自分だけじゃないはず!)

数ページ毎に大事なことを文章でまとめられたページもあるため、読み返す時なんかも楽なんじゃないでしょうか。

ほら、こういった本って読み返すことに意味がありそうじゃないですか!

あの時は分からなかったけど、今は分かるぞ!みたいな!

 

また 、今回紹介したことは本の中に書かれていた内容のほんの一部です。

読んでみると、実際の企業や事例をもとに非常に分かりやすく商品の売り方が解説されており、ストーリー形式で楽しくマーケティングを学ぶことができちゃいますよ!

 

気になった方はぜひ実際に読んでみてください。 

 

スマイルポイント

読みやすさ  ☺☺☺☺☺

内容充実度  ☺☺☺

意識の高まり ☺☺☺